2011年6月13日 (月)

大会を終えて

第28回全日本ウエイト制大会を終えて一夜が明けました。

今日は試合を終えた開放感に身を委ね、リラックスした一日を過ごしました。

試合を終えてたくさんの方から労いの言葉を頂きました。

大会は悔しい結果に終わりましたが、皆さんの温かい言葉に救われました。

ありがとうございました。

また明日から上大岡道場生のみんなと稽古に励みたいと思います。

一緒に稽古をがんばっていきましょう!

|

2011年6月 8日 (水)

減量③

(前回の続きです)

減量して食事制限をし始めると、極真カラテ創始者の大山倍達総裁が山篭もりの修行をされた後の逸話を思い出します。

それは…『人間にとって一番怖いのは飢えと孤独だ』というお話しです。

大山総裁がろくな食べ物も無く一人孤独な山の中で行った極限の修行において到達した境地ですので、私には思いも及ばないことですが、とても心に染み渡りました。

現在の私は減量のため口にできる食べ物は少量です。

そのことが食べられる喜びを大きく感じさせてくれています。

ただ、私の試合後のパターンとして、試合後は減量の反動で暴飲暴食の日々が待っています…が、今回は試合後も『体の弛みは心の弛み!』をモットーに節度ある食生活を心掛けたいと思っています!(予定です)

|

2011年6月 7日 (火)

減量②

(前回の続きです)

減量の方法は…運動量と食事摂取量のバランスを調整するだけです!

「そんなの誰でも知ってるわい(怒)」と言われてしまいそうですが…頭で理解できても、体で継続することが意外と難しいんです。

もちろん適切な運動を継続することも大変ですが、特に食事摂取の調整が本当に大変です。

食欲は人間本来の持つ三大欲求の一つですし、世の中には美味しい食べ物が溢れています。

ダイエットをしたことがある人は分かると思いますが、その誘惑の多い状況下において食欲を抑制するのは、とても困難な作業です。

よって減量には明確な目的と、それを実行するための断固たる強い意志が必要だと思います。

私の場合は自分の意志で試合に出場し、自分の意志で行っている減量ですが、やはり辛いものがあります。

減量をしてみていつも思うのが…『好きな時に好きなモノを食べられないが一番辛い!』ということです。

減量して食事制限をし始めると、極真カラテ創始者の大山倍達総裁が山篭もりの修行をされた後の逸話は思い出します。

それは…また明日のブログに続きます!

|

2011年6月 6日 (月)

減量①

『第28回全日本ウエイト制大会』が今週末に迫ってきました。

今大会に出場するために今まで稽古を積んできましたので、大会が直前に迫った今週は、今までの稽古の疲労を回復させることと、動きや意識を確認することに専念します。

特に現役選手としてもう若くない年齢ですので、体の疲労回復やコンディショニングに細心の注意を払っています。

なので今週の指導は、体よりいつも以上に口を動かしたいと思います(笑)

極真カラテにおいて、秋に行われる『全日本大会』は、体重無差別で“空手日本一”を争います。

今週末に開催される『全日本ウエイト制大会』は、体重別で争う“体重別の空手日本一決定戦”であるため、自分の体格にあった体重の調整が必要となります。

そのため私も無駄な肉を削ぎ落とすべく減量を行ってきました。

年始に75Kgを越えていた体重を65Kgまで落としました。

試合に出るための減量なので、ただ痩せるだけでは『ただの痩せた人』になってしまい試合で戦えません。

時間を掛けて計画的に無駄な肉を削ぎ落としていきます。

減量して痩せていくと、道場生やご父兄から「どうやって痩せるんですか?」と質問されることがよくあります。

減量の方法は簡単です!

それは…明日のブログに続きたいと思います!

|

2011年3月26日 (土)

花粉症

私は30歳頃から重度の花粉症患者となりました。

この時期は毎年6月に開催される体重別の全日本大会“全日本ウエイト制大会”に向けて稽古を追い込んでいきます。

試合で相手に勝つためには、まず稽古で自分自身と向き合い、自分の弱さを乗り越え自分に勝つことを目指す戦いとなりますが、春はそれと共に花粉との戦いになります。

日頃はコンタクトレンズを使用していますが、この時期はメガネとマスクのスタイルが定番となっています。

飲み薬・注射・目薬・点鼻薬…様々なモノを試してきましたが、これと言った効果はありませんでした。

注射にいたっては空手の仲間に紹介され、その世界では有名な治療院がある六本木まで注射を打ちにいきました。

料金は安価なモノではありませんでしたが、花粉の辛さから解放されるならばと、注射と血液検査を受けました。

血液検査では花粉に対して高いアレルギーがあることが分かりました。

注射は全く効果がありませんでした。

そのことを紹介してもらった仲間に伝えると『もし注射を打っていなかったら、もっと酷い症状だったはずです。だから効果はあったんです。』と一蹴されてしまいました…。

今年も例年以上の花粉の飛散に憂鬱な日々を過ごしています。

ただ、今年は“アレロック”という飲み薬のお陰で、少し楽に過ごせるようになりました!

アレロック&目薬&点鼻薬のセットで、なんとかこの春を乗り越えられそうですが、花粉に負けていては試合で相手に勝つことは出来ませんので、まずは花粉に打ち勝ち、全日本ウエイト制大会に臨みたいと思います!

ちなみに何か良い花粉対策がある人がいましたら、ぜひご一報お願いします!

花粉症

|